プログラマーのインターンシップやってみる?

バイキングのプログラムリーダーの稲田です。
この夏からプログラマーのインターンシップを始めることにしました!

以前からインターンシップをやってみたいとは思っていたのですが、
準備が整わなかったりで、ようやく今年に実現することができました!!

バイキングの開発の特徴としては、

「プログラマーも一緒になって企画、仕様を作り上げる」

「対戦アクションゲームを作るのが得意」

「既存エンジンを使った開発手法」

なんてのがあるかと思うので、そういうところを中心にインターンシップ体験を考えました。

では、

バイキングのプログラマーインターンシップでは実際に何を経験できるのか?
そこを紹介していきたいと思います。

〇バイキングのゲーム制作現場の雰囲気をたっぷり味わってもらう

 やっぱり、ここが一番知りたいんじゃないかなと考えました。
 インターンシップ専用のカリキュラムだとせっかく現場に来てもらってるのにもったいないなと。

 なので、実際にバイキング社内で走っているプロジェクトにアサインします。
 どんな感じで仕事をしているのかをダイレクトに体験できます!

〇実際に製品となるゲームに関わってもらう

 そして、プロジェクトに入ったからにはそれに関わることをしてもらいます。
 ひょっとしたら自分のやったことが実際の製品にも反映されるかも知れないですね。

 当然まだ勉強中のことも沢山あるかと思いますので、そこはスキルに応じてできることをお願いします。
 バグチェックやデータ作成を基本に、出来そうなことからお手伝いをしてもらいます。
 プロのプログラムソースに触れる機会なので、好きなだけ勉強して下さい!

〇面白さを探す体験をしてもらう

 そして、これを一番体験してもらいたいと思っています。

 自分が担当している箇所は
 仕様通りに出来ているだけじゃなく、十分なクオリティを出せているのか?
 本当に大事なことがユーザーに伝わっているのか?
 カッコ良く、素晴らしい表現になっているのか?
 ストレス無く、気持ち良く操作できているのか?

 バイキングは担当プログラマーがそういうところまで責任を持って仕事をします。
 キャラクターの動きを作っていようが、
 UIを作っていようが、
 シェーダーをつくっていようが、
 デバッグ機能を作っていようが、
 全てにおいてそれを考えてプログラムを組んでもらいます。

 自分が作ったからこそ、このゲームは良くなった!
 そういう風に言える何かを体験してもらいたいと思います。

1週間という短い期間ですが、
「バイキングのインターンシップ良かったなぁ」
って思ってもらえるようなインターンシップにしたいと思っています!

現在8月下旬からのインターンを絶賛募集中です!
こんなバイキングに興味があるプログラマー志望の学生さんのエントリーお待ちしております!!